甲状腺結節性疾患有所見率等調査
ごあいさつ

 この度は、多くの皆様に、甲状腺結節性疾患有所見率等調査の一環である長崎大学、山梨大学、弘前大学での「小児の甲状腺超音波検査における結節性病変の有所見率調査」にご協力いただき、大変ありがとうございました。
 お陰様で、3地域で合計4365名もの方にご協力をいただくことができました。本調査委員会では、ここに全体の結果をご報告するとともに、各県ごとの結果につきましても、ご覧いただけるようにいたしました。
 おひとりおひとりの結果につきましては、ご協力いただいた方に向け、結果通知書、所見用紙、説明書、今後の連絡先などを送付させていただき、さらに学校等のご依頼に基づき説明会を開かせていただきました。
 万一、B判定と連絡させていただきました方には、今後の適切な精密検査の機会を提供するとともに、不安・心配の軽減につながりますよう各地域の検査実施機関と連携を取りたいと考えております。
 最後になりましたが、今回の調査事業は、多くの大学、学校、さらに検査を受けられた方のご協力により成り立っているものであり、ここに厚く御礼を申し上げたいと思います。

平成25年4月

特定非営利活動法人日本乳腺甲状腺超音波医学会
平成24年度「甲状腺結節性疾患有所見率等調査」委員会

このページのTOPへ